楽天くるま市場byAucnetバイク館

ホンダドリーム CB750Four



楽天くるま市場byAucnetバイク館
cb750k0


バイクを語ろうとすれば、まずこれは外せない。
なんといっても最初は「ホンダ CB750Four」
絵はK0(1969〜1970)

CB750Fはこちらの中古バイク査定
で平均442200〜上限1161000円でした。
当然プレミアがついて当たり前の車種ですね(o´・∀・`o)

1968年東京モーターショーに初展示
当初はフロントドラムブレーキ
のちにディスクブレーキに変更


発売当時の価格は38万5000円



    ■ 空冷4サイクル2バルブSOHC4気筒
    ■ 総排気量 736cc
    ■ 再高出力 67ps/8000rpm
    ■ 最大トルク 6.1kgm/7000rpm
    ■ 変速機 5速
    ■ 重量 218kg
    ■ 最高速度200km/h
    ■ ゼロヨン 12.5sec 



この後、1970年(K1)・1972年(K2)・1974年(K4)と、ほぼ2年おきに装備やカラーなどの正式なマイナーチェンジが行なわれていた。 

かなり海外での人気が高く、安かろう悪かろうの日本製品のイメージを大きくかえた歴史的な名車である。

当時の技術では4気筒はかなり難しかったと思う。

海外では「MVアグスタ 750s」や「ミュンヒ」が4気筒タイプを発売していたが、価格的にはCB750Fの3倍ほどの価格とかなり高額だった。


見た目の大きさも去ることながら、その重量感。
何しろ当時は最速、最大のバイクというイメージだった。

このCB750Fを皮切りに、各メーカーが750ccのラインアップを充実させていく。
本来なら各メーカーの主力製品となるはずだった750ccも、75年の免許改正により401cc以上のバイクは取得が困難な大型免許が必要となり、
主力製品を400ccクラスに移行せざるを得なくなる。



CB750Fはこちらの中古バイク査定
で平均442200〜上限1161000円でした。
当然プレミアがついて当たり前の車種ですね(o´・∀・`o)




その後流行ったマンガに「750(ナナハン)ライダー」があり、
←これこれ(=^▽^=)
高校生でありながら学校へCB750Fourで毎日通い、おまけに毎日喫茶店に入り浸っている・・・・
といったような話だったように思う。
作者は「石井いさみ」さん
ヒロイン役のしっかりものの女の子も出てくる
いわゆる青春ものの話だった。
主人公の名前は「早川光」←字は判りません
ヒロインの女の子は「・・・」誰だっけ?委員長と呼ばれてた。
なんか子分役の男の子もいたな〜

誰か覚えてます〜〜??




| コメント(0) | トラバ(0) | バイク図鑑

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

「カスタムしたいのに自分のバイクのパーツがみつからない…」
バイクブロスの車名検索なら、対応パーツがすべて分かります!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。