楽天くるま市場byAucnetバイク館

スズキ GT750



楽天くるま市場byAucnetバイク館
gt750
 

スズキの「水牛」と呼ばれたモンスター
「スズキ GT750」
ホンダに次ぐ国産750cc 2ストローク3気筒エンジン
 
発売当時の価格は38万5000円


    ■ 水冷2サイクルピストンバルブ並列3気筒
    ■ 総排気量 738cc
    ■ 再高出力 67ps/6500rpm
    ■ 最大トルク 7.7kgm/5500rpm 
    ■ 変速機 5速 
    ■ 重量 252kg 
    ■ 最高速度 190km
    ■ ゼロヨン 13.5sec
 



いかにも2ストロークで、750ccの排気量となればかなりのジャジャ馬であろうとおもいきや、案外素直で大人しい特性を見せていた。
かなり4ストロークに近い特性で、スモークも少なく、非常に紳士的なバイクであった。
 
GTとの名のごとく、グランドツアラーとして、ホンダのCB750Fourに真っ向から勝負をかけた車種である。
高速域はさすがにその排気量を生かした、余裕の加速で他のナナハンを寄せつけないほどの動力性能。

当時で、電動ファン付き水冷2ストローク3気筒というのはかなりのハイテクで、さらにこれもホンダに対抗すべく3気筒ながら4本出しマフラーを採用していた。
 
 
これにはけっこう乗ったが、非常にスムーズなエンジンで乗りやすかった。かなり重かったが・・・・
排気音は本当に静かで、メカノイズもかなり少なかった。

 
 
この時代のバイクはすべてにキックレバーがついており、キック一発で素直に掛かる素敵なエンジンだった。
 
 
ただし、あまり低速ばかりで使っていると、必ずといっていいほどプラグがかぶっていた。
なので、万人向けとは思えないが、そのころの2ストロークバイクはもっと難しい車種ばかりだったので、とても乗りやすい印象が残っている。
 


 
メーカーいわく、『2ストローク3気筒は、4ストローク6気筒に匹敵するスムーズさ』とのこと・・・・
 
う〜ん、、ハッキリいいますが、そこまでスムーズな特性ではなかったように思いますけど。。。



GT750はこちらの中古バイク査定
で平均422900〜上限585600円でした。





| コメント(1) | トラバ(0) | バイク図鑑

この記事へのコメント
これは例のボンボンがロータリーのあとにきれいなセコハン捜して乗ってました。
6気筒に匹敵するとは言いませんが。
ふるノーマルの車両で消音もきっちりされており2サイクルのパラパラという感じが消えてなめらかフィーリングでしたよ。
安定感もバッチリ
Posted by たこおやじ at 2007年02月18日 18:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/20076588

「カスタムしたいのに自分のバイクのパーツがみつからない…」
バイクブロスの車名検索なら、対応パーツがすべて分かります!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。