楽天くるま市場byAucnetバイク館

スズキロータリー RE-5



楽天くるま市場byAucnetバイク館
re5
 

うわ〜〜これは見たことない!!
「スズキロータリーRE-5」
 

 
 
発売当時の価格は120万円!!

 
 
 

 

    ■ 水油冷ペリフェラルポートロータリー1ローター
    ■ 総排気量 497cc
    ■ 再高出力 62ps/6500rpm
    ■ 最大トルク 7.6kgm/3500rpm
    ■ 変速機 5速
    ■ 重量 231kg
 
 
 
車体のデザインは、イタリア人デザイナー、
ジウジアーロによって手掛けられた斬新なものであった。
 
そのデザインで最も目を引くのは、ヘッドライトケースの
上に横置きされた、「茶筒」と称された円筒形のメーター
ボックスであろう。
 
メーター内には速度計と回転計の他、発光ダイオードを
採用したギアポジションインジケーターと水温計、
各種灯火類ランプが並んでいた。
 
また、このメーターボックスには回転式で開閉する
プラスチック製のカバーが付いており、メインキーをオンに
すると電動で開く仕組みのものであった。
 
ただしこのメーターは、1975年のマイナーチェンジで
一般的な2連式のものに換装された。
 
ハンドルバーはフラットなコンチネンタルタイプと
870mm幅のアップタイプの2種類が用意され、
ホイールはアルミニウム製リムを採用したスポークタイプのもの。

 
 
ブレーキは同社の大型2サイクルエンジン搭載モデル「GT750」用の
ものをそのまま流用し、ボトムケースの前側にシングルキャリパーを
装着するダブルディスク、リアブレーキはドラムとなっていた。
 
ロータリーエンジンはその理論の優秀さから
レシプロエンジンに代わる未来のエンジンとして
将来性を高く評価されており、当時はスズキだけでなく、
ホンダやヤマハ、カワサキなど、主要国内二輪車メーカー
も次々と試作車を開発し、テストを繰り返していた。
 
振動もなく、滑らかに回るエンジンは低回転から強大な
トルクを得られるタイプ。

しかしエンジン本体から発せられる大量の熱への対策や
当時の素材技術など、ロータリーエンジンの実用化へ
向けた開発には様々な困難が存在し、スズキ以外の
国内メーカーは商品化・実用化を断念していた。
 
その中で、RE-5は唯一市販化を達成したモデルとなった。
しかし、ロータリーエンジンの排気量の換算法を行うと、
当時の日本国内市販車の排気量の自主規制値である750ccを
超えてしまうために国内では販売できず、輸出仕様車として
海外でのみ販売されることとなった。
 
ロータリーエンジン独特の全域でスムーズな回転フィールと
フラットなトルク特性が、ツーリングモデルとして
ユーザーから高い評価を受けた反面、
ロータリー搭載車特有の燃費の悪さにオイルショックが
重なってしまい、輸出台数は低迷。
燃費は二桁には届かなかったそうだ。
 
結局2年間で僅かな台数(6,000台程度)が生産・輸出
されただけにとどまる結果となってしまった。

ニコニコ動画あります(⌒◇⌒)




| コメント(1) | トラバ(1) | バイク図鑑

この記事へのコメント
お久しぶりです、お邪魔します。
これも乗せてもらったことがあります。後輩にオーストラリア帰りがおりまして、その伝で輸入したそうで、茶筒メーター、エンジンモーター、でもサスペンションがついてこない、そりゃあ、乗ったのはS60年ころ当時のバイクと比べるのも・・・
音は「ババババ・・」マフラー穴開いてる?
でも、なかなか個性の強いバイクでした。
自分ではそんなにたくさんのバイクを購入していませんが、周りの友達のおかげでいろいろなバイクに触ることができました。

ちなみに、このREのエンジンはマツダの10Aを半分の1ローターにしたものだって聞いたことがあるのですが・・・本当でしょうか。
Posted by たこおやじ at 2007年04月17日 20:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/20145461

オイルショック
Excerpt: オイルショックオイルショックは、1970年代に二度あった、原油価格高騰による経済混乱のことを指す。 .wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Quotation:..
Weblog: 石油蔵
Tracked: 2006-08-15 18:35

「カスタムしたいのに自分のバイクのパーツがみつからない…」
バイクブロスの車名検索なら、対応パーツがすべて分かります!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。