楽天くるま市場byAucnetバイク館

ヤマハスポーツ TX750



楽天くるま市場byAucnetバイク館
 
tx750
 
 
ベテランライダー好み
「ヤマハスポーツ TX750」
 


 
発売当時の価格は38万5000円

 
 
 

 

    ■ 空冷4サイクル2バルブSOHC2気筒
    ■ 総排気量 743cc
    ■ 最高出力 63ps/6500rpm
    ■ 最大トルク 7.0kgm/6000rpm
    ■ 変速機 5速
    ■ 重量 210kg
 
    ■ 最高速度 189km
    ■ ゼロヨン 13.6sec
 
 
 
ヤマハ初のナナハンである。
人気はなかった・・・・
でも我が家には長い間あった。。
 
 
 
当時4サイクル・ビッグロードスポーツは4気筒エンジンが
主流の中で、バランサー付きSOHC並列2気筒エンジンを採用。
ビッグツイン特有のトルク感、鼓動感、スリムな車体構成による
軽快な操縦性などヤマハオリジナリティを大いに発揮した。
 
 
モーターサイクルでは世界初のバイブレス機構をはじめ、
ドライサンプ潤滑、対向ピストン式キャリパー採用の
ディスクブレーキ、ストリートモデルでは初のアルミリム
など先進メカも数多く盛込まれている。
 
 

 
 
当時の「ナナハン」に世間が求めていたものとは、
スピードと馬力、じゃじゃ馬慣らしをしているかの
ようなステータス感??みたいなものだったと思う。
 
しかし、ヤマハはあえてこの「ナナハン」の世界に、
「紳士のイメージ」を持ってきた。
 
それが売れなかった理由。
 

 
 
でも、個人的にはとても好きだった。
世間では遅い遅いといわれていたけれど、
その気になれば信号ダッシュもかなりのもの
ちょこっとアクセルあければ、免許がなくなる速度まで
ドカドカっと加速。
 

 
 
 
ただ、、、

 
 
 
そういう走り方をしたくなくなる「なにか」を持っていた。
 
 
快適に走れる速度域が、60〜80km/hあたりから100km/hを
超えると、エンジン音も連続したものになり、ツインらしく
なくなる。このエンジン特性が飛ばし屋には受けなかったのだろう。
 
 
その後、ヤマハは「ナナハン」を熟成させ、GX750FZ750を生産することになっていく。


TX750はこちらの中古バイク査定
で平均188600〜上限364400円でした。





| コメント(1) | トラバ(0) | バイク図鑑

この記事へのコメント
僕は、ヤマハ党でしたからXT、XS、TXと聞いたら涙が出てきます。
確かにGXは良いバイクでしたけど、パラ2とは別物でしたね。
今残ってても売れないだろうけど・・・
Posted by たこおやじ at 2007年02月18日 17:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/20151740

「カスタムしたいのに自分のバイクのパーツがみつからない…」
バイクブロスの車名検索なら、対応パーツがすべて分かります!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。