楽天くるま市場byAucnetバイク館

ホンダ GL1200 GOLDWING ASPENCADE(ゴールドウイング アスペンケード)



楽天くるま市場byAucnetバイク館
GL1200A

豪華ツアラーの先がけ
「ホンダ ゴールドウイング アスペンケード」
 
 
発売当時の価格は240万円


    ■ 水冷4サイクルOHC水平対抗4気筒
    ■ 総排気量 1182cc
    ■ 最高出力 94ps/7000rpm
    ■ 最大トルク 10.7kgm/5500rpm
    ■ 変速機 5速
    ■ 重量 325kg


超豪華装備でハーレー エレクトラグライドを凌ぐ。


この前の機種にGL1100があり、その後継車種。



ホンダのショールームではじめて見たときはとにかく驚いた

「で、、でかい、、、でかすぎる、、、。」

とても普通の人間の乗るもんじゃないと思った(笑)


シートとハンドルが離れてる

普通に着座してもハンドルをつかむために前かがみになるんじゃないかと思うぐらいハンドルが遠く感じた。

「これがアメリカンサイズか」なんて、自分勝手に納得した覚えがある。
(グリップは細いと感じたが)


今見ればどう感じるかはわからないが、当時はとにかく驚いた。


完全にエレクトラグライドを意識した重厚なデザイン



しかし、じっくり装備を見てみれば、日本車らしくそつなく仕上がっていた。

まずは大きなフェアリング、高速道路ではさぞかし楽に走れそうな印象。

すわり心地のよさそうなふわふわシート。


タンク上を見てみれば、なんだかスイッチがたくさん、、、

なんとカーステレオが付いている!


FM/AM,カセットステレオ、、、確かリアスピーカーもあったと思う(不確か)



そして左側には見慣れぬレバーが、、、、

それはバックギア用のレバーだった。

確かにあんな重い車体を押してバックさせるのは考えるだけでもイヤ(笑)

バックギアはエンジン動力を使わず、セルモーターの動力で作動。

なので、ゆっくりじっくりバックする。

考えればそうでないととても危険(汗)


そして、加重や路面状況で変化させることができるエアサス。


コンピューターつきの液晶メーターパネル


冬の寒い季節には足元にエンジンの温風を送ることができるようになっていた。。。と思う。



まあ、とにかく至れり尽くせりの豪華装備だった。

これでも、乾燥重量はエレクトラグライドよりも軽かった。



GL1200はこちらの中古バイク査定
で平均184300〜上限338600円でした。





| コメント(2) | トラバ(0) | バイク図鑑

この記事へのコメント
私はGL-1200を愛車としていますが、最近部品も少なくなり修理(部品交換)ができなくなっています、特にマフラー関係の部品の調達が困難になり部品補修又は部分溶接補修で修理をしている状況です。
特にマフラのエキゾパイプ部分の部品が入手困難です。 手作りでも良いので情報を下さい。
Posted by 藤田孝壽 at 2009年04月12日 21:14
コメントありがとうございます。
ビンテージバイクオーナーの大きな悩みですね。。。
何とかしてできるだけ長く乗ってあげたいもの。
こんなところが参考になりませんか?

=========================
☆☆バイクブロスなら用品からカスタムパーツまで☆☆
★★何でも見れる!何でも選べる!何でも買える!★★
 
  http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=1HW4QI+FWR29U+KLO+61JSJ 
=========================
Posted by エアラ at 2009年05月18日 13:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

「カスタムしたいのに自分のバイクのパーツがみつからない…」
バイクブロスの車名検索なら、対応パーツがすべて分かります!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。