楽天くるま市場byAucnetバイク館

ヤマハ VIRAGO(ビラーゴ)1000



楽天くるま市場byAucnetバイク館
VIRAGO1000

クロムメッキできらきらゴージャス気分
「ヤマハ VIRAGO(ビラーゴ)1000」


    ■ 空冷4サイクルOHC V型2気筒
    ■ 総排気量 981cc
    ■ 最高出力 65ps/6500rpm
    ■ 最大トルク 7.7kgm/3000rpm
    ■ 変速機 5速
    ■ 重量 220kg


当時のアメリカンとしてはかなりデザインもよく、アメリカンを選ぼうとすれば必ず選択肢にあがってくる車種。

最大トルクが3000rpmで出ているのを見れば分かるとおり、低速トルク重視でセッティングされたエンジン。

75度Vツインは低い速度で「ドロッドロッ・・・」と言うエンジン音でゆったりまったり優雅に流せる高級感。

しかし、決して遅いのではなく、ゆったり流せる余裕があると言うこと。

その気になればトルクを生かしたスムーズで余裕のダッシュ力を味わうことが出来る。


きらきらメッキ部分は、エアクリーナーケース、メーター、フェンダー、マフラー、ゴールドのキャストホイールなどなどで超豪華気分。

しかし、今見ればなんと言うか、、寸詰まりのデザイン。。。。

もっとホイルベースを伸ばしてもよかったんじゃ?、、、、なんて思います。

デザインに関してだけを言えば、「スズキ イントルーダー」の方が洗練されてたな〜〜。


当時、これに乗っている方は若い人はほとんどいなくて、おじ様ばかりだった・・・ような。

中年の・・・いえ、団塊の世代の魅力をかもし出せる逸品でしたな。


国内向けには「XV750VIRAGO」というスケールダウンモデルも存在していた。


VIRAGO1100はこちらの中古バイク査定
で平均291000〜上限485900円でした。





| コメント(0) | トラバ(1) | バイク図鑑

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/42445344

ゲイルスピード:アルミ鍛造 ホイール TYPE
Excerpt: ■ゲイルスピードの特徴・リム部重量の軽減鍛造工程で生まれるメタルフロウ(金属の流れ)が鍛造材の強度を上げています。そのため大幅な切削を行っても強度が保てるのでリム部の軽量化が実現できました。・分割式ハ..
Weblog: ホイールが最高によかった
Tracked: 2007-09-17 21:21

「カスタムしたいのに自分のバイクのパーツがみつからない…」
バイクブロスの車名検索なら、対応パーツがすべて分かります!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。